洗濯物を干しやすい住まい環境も必要です

住まいの管理と住んでいる人の性格

洗濯物を干しやすい住まい環境も必要です 住まいは選んで住んでいる人の表現での作品のようなもので、住んでいる人の心がそのまま形に出ている部分もあります。大雑把な性格なのか、整理整頓ができているのかなどからも性格がわかります。住まいを心地よく管理している人の場合には、人生全体もその生活の延長線上に展開していきます。ですので、住まいを管理するということから、自分や家族の生活を正していくこともできますし、自堕落になっていくこともできます。整理整頓の話題もよくありますが、結局は方法ではなく、性格や心の中の状態が、できるできないにかかわってきます。住まいも、その意味では人生のひとつの表示するバロメーターとも言えます。家も隅々まできれいに掃除がされているのと、汚れているのとでは、長い人生全体にも影響が違ってきます。

住まいは自分や家族の鏡であり、そこに見えない心を映し出すことができますが、とくにマイホームの場合には、自分たちの所有物ですので、心の反映も強くなってきます。また自分や家族の軌道修正でも、住まいを活用することもでき、住まいを住みやすくしたり、整理整頓したり、インテリアを変えて気分を一新したりして家族の雰囲気を変えることもできます。住まいの玄関を入る時に、ある種の雰囲気を感じますが、そのことからも、住まいは単に生活するだけの空間ではないことがわかります。

Copyright (C)2019洗濯物を干しやすい住まい環境も必要です.All rights reserved.